fc2ブログ

カウンセリングルームM.heart

カウンセラーのhealing diaryです。
Top Page › ブログ › 堅果類凶作は公園にまで・・・
2023-11-29 (Wed) 13:05

堅果類凶作は公園にまで・・・

自立支援医療制度:心身のお病気の医療費の自己負担額を軽減する公費です。

快晴のさいたま市です。
昨日も、昼と夜の気温差が激しくて驚きますが、今日も夜には気温が下がるようです。

ルームの前の公園もすっかり紅葉しています。
クヌギやコナラなどの落葉樹で、黄色に紅葉します。

ルームの前の公園・・・

今年はいつもと違います。

全国的に、どんぐりなどが少なく熊が人里にエサを探しに出没し、人を襲ったり農作物の被害が報告されています。


そういえば・・・
ルームの前の公園もどんぐりやクヌギ、コナラの大木がたくさんあるので、毎年雨のようには大袈裟ですが実が落ちてきます。
ルームのある建物のエントランスにも転がってくるほどでした。

今年は、全く実が落ちてきません。
公園沖もナラ枯れが三本ありますが、それにしても元気に葉が茂っている木が他にたくさんあります。
でも・・・実がついていない・・・

毎年、子どもたちが拾いに来ても拾いきれないほど落ちているんですが・・・

公園の中に入っても、ほとんど実が見つからず異様な感じです。

やっと拾い集めるのも苦労で、実も小さいです。

感覚的に十分の一ほどしか実がなっていませんから、山の中も同じなんですね。
これでは、熊たちもお腹がすいてしまいますね。

堅果類は、豊作と凶作を2~7年ほどで繰り返すようですが、ルームをここに開いて10年以上たちますがそんなに変りなく思っていましたが今年は本当に少なく凶作です。

来年はどうでしょう・・・

どんぐり
例年の公園のどんぐりはこんな感じです。

IMG_0916.jpg
今年はいつ見てもこんな感じに実が見当たりません。

IMG_0919.jpg
数メートル歩いて拾い集めたどんぐりとクヌギ・・・実も小さいですね。








いつも1ポチありがとうございます  
スポンサーサイト



Last Modified : 2023-11-29

Comments







非公開コメント