fc2ブログ

カウンセリングルームM.heart

カウンセラーのhealing diaryです。
Top Page › ブログ › 無財の七施
2012-09-06 (Thu) 09:35

無財の七施

災害後の心ケア関連ブログ 心に不安や異変を感じる方ご覧になってみて下さい。
自立支援医療 埼玉県HP 心のお病気で通院されている方、ご覧下さい。

以前、「生きる」と言うお話しで、ジャック・ルソーの「生きるとは
呼吸することではない。行動することだ」をご紹介し、ルソーが言って
いる行動とは「人のためになることや、人の役に立つこと」をすることを
「行動」と言っています。
というお話をルームでもするのですが、人のために何をしたら良いのか
自分の生活が精一杯で、余裕がないという方に、以前、京都妙心寺の
御住職が、話されていた事の如実知見から親孝行の話を書きましたが
その時もう一つ話されていた事をお話しています。

人は財産がなくてもできる、七つの施しのお話です。
それは、無財の七施(しちせ) というものでしたので、お話します。

【無罪の七施】
1.眼施(げんせ) ― やさしい眼差しで人に接する。
2.和顔悦色施(わげんえつじきせ) ― 笑顔で人に接する。
3.言辞施(ごんじせ) ― やさしい言葉で接する。
4.身施(しんせ) ― 自分の身体でできることを奉仕する。
5.心施(しんせ) ― 思いやりの心を持つ。
6.床座施(しょうざせ) ― 席や場所を譲る。
7.房舎施(ぼうじゃせ) ― 自分の家を提供する。

1の 眼施(がんせ)は、眼を施す、ということです。
優しいまなざしで、温かい心の目で人や周りを見るということです。

2の和顔施(わがんせ)は、「柔和な顔」を施すということです。
柔和な顔は人に喜びや安心を与えます。和やかな顔で接するという
ことです。

3の言辞施(ごんじせ)は、愛語施(あいごせ)ともいいます。
言葉のお布施です。心から優しい、温かみのある言葉が大切です。

4の身施(しんせ)は捨身施(しゃしんせ)ともいいます。
自分の体を使って、人のためにさせていただくことです。

5の心施(しんせ)は、心のお布施です。
人に対して誠意を持って「まごころ」を込めてさせていただく
気配り、心配り、心尽くしと言ったような事です。

6の床座施(しょうざせ)は、相手に席・場所などを施すお布施です。
例えば、電車やバスで困っている方に席を譲ったりすることです。

7の房舎施(ぼうしゃせ)は、雨・風を凌ぐところを人に与えることです。
昔は、旅人が難儀(雨・嵐・急病など)しているときに、家の一部を貸して
気持ち良く休んでもらうことです。軒下や傘の無い人に傘をさしかけるのも
同じです。


一つ一つが、難しい物ではありませんが、人はつい感情に流され嫌な
顔をして怒ったり不平不満が顔に出たりするものです。

理解をする事は出来ても実行できるかということですね。
真心をこめて、生きる一つの行動として『無財の七施』を心がけていき
たいと思います。







いつも1ポチありがとうございます
スポンサーサイト



Last Modified : -0001-11-30

Comments







非公開コメント
>人は財産がなくてもできる、七つの施しのお話です。
それは、無財の七施(しちせ) というものでしたので、お話します。


なるほど、とても良いお話をありがとうございます。

イスラムやタイの教えでも「富める人が貧しい人に」という考え方があります。

だから、イスラムにはラマダンがあって、食べられない人の苦しみを知る、という平等な断食期間があるのですが・・・。
どこの国でもどんな宗教でも人を正しい道に導く、人が人を助ける、という心が大事なのだな~と思います。


無財の七施(しちせ)
いくつか意識して実践していることもありますが、まだまだ至らないこともあり・・

でも、お金を人のために使うことももちろん大事ですが、人と人のコミュニケーションというか、思いやりの心、行いは大事ですね。

他人からかけていただいた言葉でその日一日が嬉しい気持ちになったりするし・・・

こんなことを考えると見返りを求めているようでナンなのですが、自分の善き行いはいつか、親きょうだいに、家族に・・・と、巡り巡ってどこからか返ってくる、と思っています。

誰かのためにしたことが、巡り巡ってまた親きょうだい・家族に返ってきて、誰かから親切にしてもらえればいいな・・・な~んて。

あ、やっぱり見返りを求めているな・・・



2012-09-09-13:56 ラーダ・ドゥーナ
[ 返信 ]
ラーダさんへ
ラーダさん こんにちは。

>なるほど、とても良いお話をありがとうございます。

私も、漠然とは心がけていましたが、御住職のお話しのおすそわけです(^^)。

>どこの国でもどんな宗教でも人を正しい道に導く、人が人を助ける、という心が
>大事なのだな~と思います。

そうですね。宗教は正しく行われれば、教育の一つですね。

>こんなことを考えると見返りを求めているようでナンなのですが、自分の善き行いは
>いつか、親きょうだいに、家族に・・・と、巡り巡ってどこからか返ってくる、と思っています

そうだと思いますよ。私も助けて頂いたら、同じようい困っている人を助ける。
必ずしも、助けて頂いた方を助ける事にならなくても、恩を返すのは他の人でも良いと思います。
巡り巡るのが人助けだと思います。

みんなが助け合えば、平和ですよね~(*^_^*)。
2012-09-09-17:37 masumi
[ 返信 ]