fc2ブログ

カウンセリングルームM.heart

カウンセラーのhealing diaryです。
Top Page › ブログ › 夏バテ予防・・・入浴
2012-08-19 (Sun) 09:49

夏バテ予防・・・入浴

災害後の心ケア関連ブログ 心に不安や異変を感じる方ご覧になってみて下さい。
自立支援医療 埼玉県HP 心のお病気で通院されている方、ご覧下さい。


昨日は、二度の雷雨にビックリです。
そのおかげで夕方は、涼しく感じましたが激しい雷でした

最近、ルームにおいでの方も夏バテや不眠でお悩みです。
お風呂の入り方なども工夫すると良いですよってお話しています。

まず、副交感神経優位にするためにぬるめのお湯36~38℃位の
お湯に必ず浸かることです。
湯船に少量のお塩を入れると発汗効果が高まります。
冷房で冷えた身体を芯から温める事が出来ます。

入浴前に、コップ1杯の炭酸水を飲むと、血中の二酸化炭素濃度が
高まり、体は酸素の濃度を上げようと、血の量を増やすので、血行が
促進され、冷房などの夏冷えの改善により効果があります。

日焼けで肌がほてっている時は、ラベンダーのアロマオイルろ5滴ほど
入れると、体のほてりが治まり、日焼けした肌も落ち着いて安眠効果も
あります。

肩こり、腰痛などにはやはり20~30分ぬるめのお湯につかると良い
ようです

入浴が終わったら、やはり水分補給です。
お風呂の中での熱中症もあるということですから、水分補給にはご注意
ください。
お風呂上がりはすぐにエアコンをつけて、汗を引かせたいところでしょうが
これは睡眠後の嫌な寝汗に繋がります。
うちわなどで風を送り自然に汗を引かせた方が、汗をかいてもサラサラとした
汗で、身体を冷やす役割の汗になります。
すぐに身体を冷やしてしまいますと、身体が冷えたと思い汗が止まって、身体に
こもってしまいます
この汗が寝汗となって出ますと、ベトベトした蒸発しにくい汗で匂いもします。

正しい入浴をして、夏バテ予防と汗臭さも解消しましょう

そろそろ、朝晩は涼しくなってくるとは思いますが、もう少し頑張りましょう



いつも1ポチありがとうございます。    
スポンサーサイト



Last Modified : -0001-11-30

Comments







非公開コメント