fc2ブログ

カウンセリングルームM.heart

カウンセラーのhealing diaryです。
Top Page › Archive - 2014年06月
2014-06-12 (Thu)

がくあじさい

自立支援医療 埼玉県心のお病気で通院されている方、ご覧下さい。 おーあみ避難所写真展@田園調布 6/30まで 梅雨だというのに、大雨でたくさんの雨量で土砂崩れも心配されます。川の増水に気をつけてくださいね。雨にぬれた紫陽花を見ていると、ついこの詩が浮かんできます。星野富弘さんの「結婚指輪(がくあじさい)」の詩です。結婚指輪(がくあじさい) -星野富弘- 結婚ゆび輪はいらないといった 朝 顔を洗うとき 私の...
NoTitle * by ラーダ
愛のあふれる詩ですねぇ・・・

互いが互いを思いやっている・・・

指輪なんかよりももっと強い絆で結ばれているのですね

紫陽花の美しい季節になりましたね

13年前 * by yokoblueplanet
こんばんは。
13年前の今頃、星野さんがサンフランシスコで講演をされた事がありました。絵も素敵ですが、お話もこの詩のように深いものがありましたよ。
このようなヒトとヒトとの結びつき、何ものにも変えがたいですね。「美しい」です。

ラーダさんへ * by masumi
ラーダさん こんばんは。

>愛のあふれる詩ですねぇ・・・
>互いが互いを思いやっている・・・
>指輪なんかよりももっと強い絆で結ばれているのですね

はい。富弘さんの詩はどれも深いのですがこの詩は本当に感動しました。
奥様は、富弘さんのお身体が、ご不自由になられてから知り合われた
そうですが、純粋な愛だと思いますね・・・。

紫陽花は、ヤッパリ紫色が好きです(^^)

Yokoさんへ * by masumi
Yokoさん こんばんは。

>13年前の今頃、星野さんがサンフランシスコで講演をされた事がありました。絵も素敵ですが、お話もこの詩のように深いものがありましたよ。

私は直接お話を伺ってはいませんが、富弘美術館ではお会話のVTRが
放映されています。
ご本を読んだ印象とホント変わりなく、心の温かな方でした。
事故直後の、お母様の看病の仕方にも本当に愛を感じました。
素敵な奥様と結ばれて、本当に良かったです。

この詩を読んだ時、人を愛するという気持ちに胸が突き上げられるような
感動を覚えました。